大人と思春期のニキビについて

ニキビは思春期あたりから出てくる方が多いです。大人の方でもニキビはでき、なかなか治りにくいものです。洗顔をし清潔に保つ事が大切ですが、ゴシゴシ洗わずに泡でゆっくりと優しく洗うことが大切です。毎日丁寧に洗顔する事で、随分よくなると言われています。洗顔も出来るだけ無添加の肌に優しいものがいいです。また、食事も重要で高カロリーの物は控える事が大切です。チョコレート等の甘い物もあまりよくありません。あとは、しっかりと睡眠をとり夜ふかしをしない事です。夜ふかしは一番肌にはよくない事と言われています。また、ストレスも関係していると言われていますので出来るだけストレスをためない様にしたいです。ニキビはしっかりしたケアと生活習慣を少し見直すだけで軽減出来るものです。

思春期と違う大人ニキビに気をつけること

大人になってからも出来てしまうニキビは厄介なものです。治りにくいですし、跡になりやすいようです。そのことで鏡を見ることがイヤになってしまったり、人と会うことが億劫になってしまうこともあります。大人ニキビは思春期に出来るニキビと違うケアが必要です。ただ洗顔をして清潔にするのではなく、きちんと保湿を行うことが大事です。まずは乾燥を防ぐことを意識してみましょう。まず、クレンジングで丁寧に汚れを落とし、洗顔フォームのたっぷりな泡で洗顔します。ゴシゴシこすらないことです。そして、タオルをやさしく押し当てて水分をとりましょう。この時も肌に刺激を与えないように気をつけましょう。その後、化粧水と乳液をつけます。しっかりと肌の奥まで行き届かせるように、てのひら全体を使いましょう。手の温度で、よりお肌に浸透しやすくなります。スキンケアにちょっとした注意を払うことで、肌状態がよい方向に向かいます。